男の人

森と共に生きていこう│間伐をして木を守ろう

ガーデニングを始めよう

カップル

大阪に多くの園芸店やホームセンターがあります。その中にはガーデニング初心者のために、基本的なことを教えてくれる所があるのです。そこにいけば道具を揃えることができ、基礎知識を学ぶことができるということで多くの人が利用しています。

この記事を読む

植木屋の仕事

男性

植木屋によって仕事の内容が異なることがありますので注意してください。大阪には多くの植木屋があり、その中から自分の家の庭を任せることになります。信頼できる所を見つけるために、多くの業者を比較して探してみてください。

この記事を読む

間伐を行なう理由

木

森にはたくさんの木がありますが、多すぎると木同士が邪魔になって成長しなくなってしまいます。木は成長していくと枝と葉が伸びていきますけれども、近くに木があるとぶつかり合って伸びなくなってしまうのです。それを防ぐために間伐という作業を行ないます。この間伐とは木と木が邪魔にならないように、間隔を空けるために木を切る作業のことです。こうすることによって、木同士が邪魔することもなく、どんどん成長していくことができます。それだけでなく、木を切ることで地面にも太陽の光が当たり背丈が小さな草木も成長していくでしょう。間伐を行なわないと、太陽の光が差さない暗い森になってしまいます。それを避けるためにも間伐を行なってください。間伐は木の成長を助けるためだけに行なうのではなく、自然災害を防ぐ効果も含まれているのです。太陽の光がないと草木が生えてこずに、地面がむき出しの状態になってしまいます。そうなると雨が降った時に水を全部吸収してしまうのです。草木があれば水を吸収してくれるのですが、その草木がなければ地面が代わりに吸収することになってしまいます。そうなると、大雨が降った時に土が流れてしまい土砂崩れが起きてしまうかもしれません。太陽の差さない森には細長い木が多く、これも一緒に流れてしまい被害が拡大してしまう可能性もあります。こういったことを防ぐために間伐をしなくてはいけません。森林には二酸化炭素を吸収する働きを持っていて、地球温暖化防止にも最適といわれています。人が生きていくために木は不可欠な存在といえるでしょう。

草刈りの注意点

草刈機

雑草を放置しているといろいろな被害が出るので草刈りをしてください。雑草が多いとたくさんの虫が住み着きますし、畑の近くに雑草が生えていれば作物が成長しなくなってしまいます。

この記事を読む